映画 「デスノート」 東出昌大主演に反対したスタッフが役名にこめた “嫌味”について

目安時間:約 1分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

映画 「デスノート」 東出昌大主演に反対したスタッフが役名にこめた “嫌味”
acteur(アクチュール) 2014年3月号 No.402月5日、秋公開の映画「デスノート 2016」で、俳優の東出昌大が主演を務めることが発表されました。これを受け、「東出なら観ない」という声が相次いでいると一部報じられています。

芸能関係者は、「彼は以前から『演技が下手』と言われていますからね。セリフが棒読みで、感情を込めて叫ぶシーンは、単に大きな声を出しているようにしか見えません。なぜ彼が話題作にキャスティングされてきたかというと、事務所のゴリ押しでしょう」と指摘。

さらに映画関係者は、東出の今回の役名について、スタッフの思いが込められているとし、「(役名を決めた)Aさんの出身地は静岡県三島市で、有名な特産品といえば、『三島大根』。要は『大根役者』という意味です」と話しています。続きを読む


スマホで手軽にお小遣い

<秘密はこちらをクリック>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報