押井守、宮崎駿作品を辛口批評 「いつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている」について

目安時間:約 2分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

押井守、宮崎駿作品を辛口批評 「いつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている」
監督稼業めった斬り―勝つために戦え!鬼才・押井守監督が29日、新宿バルト9で行われた映画『GARMWARS ガルム・ウォーズ』ティーチインイベントに来場、宮崎駿作品について、行き当たりばったりで願望だけで作られていると辛口で批評しました。

構想15年、総製作費20億円、カナダとの合作でオール北米ロケにより撮影された本作。この日は大勢の押井マニアが集結し、観客からは「押井監督は『構造』という言葉を使うが、この映画の構造は?」「映画の体感時間をどのように考えるか?」といった、哲学的な質問が続々とぶつけられました。

押井は、「構造というのは、建築的なイメージで言っているのですが、何が何を支えているのか、ということ」と話し始め、「監督をやっていても構造を持っている人はほとんどいない。私に言わせれば、宮さん(宮崎駿)は構造がない典型」とバッサリ。

「宮さんの作品はいつも行き当たりばったりで、願望だけで作られている。でも願望やあこがれ、ロマンチックな要素、思い入れを排除したところに出現するのが、いわゆる構造というもの。これは語り出すと本を1冊書けるくらいの内容になるんだけどね……」と、まだまだ説明しきれない、といった様子で語りました。続きを読む


[showrss]

スマホで手軽にお小遣い

<秘密はこちらをクリック>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報