志らく、M1の 「笑えなかった」 発言 → 高得点を説明について

目安時間:約 1分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

志らく、M1の 「笑えなかった」 発言 → 高得点を説明
毎日新聞落語会 立川志らく1「文七元結」「時そば」落語家立川志らく(55)が、審査員を務めた2日放送のテレビ朝日系「M-1グランプリ2018」で、物議をかもした自身の審査について説明しました。

志らくは、全審査員中トップとなる99点をジャルジャルにつけ、「笑えなかったが面白かった」とコメントして最高点をつけたことに、ネット上では疑問の声もあがっていました。

その理由を、「ジャルジャルに笑えなかったが面白かったというのは最高の褒め言葉。プロ同士、つまりライバルだから笑えない。でも最高に面白いのです。談志の落語を聴いて私は笑わない。でも一番面白い。という事」だと説明。「私を不快に思った人に対しては不徳の致すところ。私が上岡龍太郎先生ほどの認知があったらいいだけの話。もっと頑張ろう」とツイートしました。続きを読む


[showrss]

スマホで手軽にお小遣い

<秘密はこちらをクリック>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報