島田洋七 M-1審査に電子メーター導入提案 「現場で一番受けた人が1番になるのがいい」について

目安時間:約 2分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

島田洋七 M-1審査に電子メーター導入提案 「現場で一番受けた人が1番になるのがいい」
がばいばあちゃん名言日めくりお笑い芸人・島田洋七(68)が、金曜MCを務める7日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」で、2日に開催された「M―1グランプリ2018」に出演後に審査員の上沼恵美子(63)に暴言を放ったお笑いコンビお笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)について言及しました。

2004年から5年間、「M-1グランプリ」の審査員をしていた島田は、「審査員に文句言ったら、審査できない」と久保田と武智に注意。その上で「飲んだ席だけで文句言えって。(webに)載せたらいかん」と苦言を呈しました。

デーブ氏から「最近の(M-1)審査員は芸人じゃない人が多い。それはどう思いますか?」と質問を受けた島田は、客席の笑い声の大小で上下する電子メーターを導入するべきと提案。「好きだから点数がいいとか言われても困る。それより現場で一番受けた人が1番になるのがいい」と見解を示しました。続きを読む


[showrss]

スマホで手軽にお小遣い

<秘密はこちらをクリック>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報