ビートたけし、さんまを絶賛 「テレビの作り方を変えた」 「あれだけアドリブがすごいのは見たことがなかった」について

目安時間:約 2分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ビートたけし、さんまを絶賛 「テレビの作り方を変えた」 「あれだけアドリブがすごいのは見たことがなかった」
バカ論 (新潮新書)お笑いタレントのビートたけし(71)が25日、都内で行われた「第27回東スポ映画大賞」「第18回ビートたけしのエンターテインメント賞」の授賞式に登壇。日本芸能大賞に選出した明石家さんま(62)について、「自分のキャリアの中ですごいと思わされた一人」と言及しました。

「エンターテインメント賞」の日本芸能大賞には、綾小路きみまろ(67)、島田洋七(68)、さんまの3人が選ばれ、審査委員長を務めるたけしは、スケジュールの都合で欠席したさんまについて「テレビの仕事かな。1時間の番組で5時間(収録を)回して、ビデオを見て『面白いな』って自分で面白がってる人だから…」と話し、笑いを誘いました。

授賞理由を「30年前ぐらいから日本のテレビが変わってきたのは、片方にドリフターズ…。そして、もう一方で明石家さんまちゃんがテレビの作り方を変えた」と説明し、「あれだけアドリブがすごいのは見たことがなかった。トークは抜群にうまい。功績もすごい」とさんまを絶賛。続けて「俺にとってあの人は、自分のキャリアの中ですごいと思わされた一人」と明かしました。続きを読む


[showrss]

スマホで手軽にお小遣い

<秘密はこちらをクリック>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報