みやぞん、中学時代に裏番長と呼ばれた過去告白 パンチングマシーンで驚異のパワー披露について

目安時間:約 2分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

みやぞん、中学時代に裏番長と呼ばれた過去告白 パンチングマシーンで驚異のパワー披露
牛にどつかれたお笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(32)が29日放送の日本テレビ「しゃべくり007」で、中学時代に学校の“裏番長”と呼ばれていたエピソードを披露しました。

みやぞんは、09年にANZEN漫才のボケとしてデビュー。同局の「世界の果てまでイッテQ!」で闘牛、空中ブランコなど身体を張ったロケに全力で取り組む姿と、とてつもない天然キャラが話題となりブレーク。驚異の身体能力の持ち主としても知られており、番組では学生時代に取り組んでいたこととして「キックボクシング」が紹介されると、「昔、キックボクシングを習っていてパンチ力に自信があります。喧嘩したことないのに、中学時代に裏番長をやらされていました」と語りました。

スタジオにはゲームセンターのパンチングマシーンが登場。みやぞんは学生時代に地元にあるパンチングマシーンのベスト1に名前を載せていたといい、「裏番長と呼ばれたのもマシーンのベスト1にいつも名前が載っていたからなんです。当時は番長たちがマシーンに名前を残すのが流行っていたんです。でも(僕の記録を)抜けないんで“こいつ誰だ?”ってなって」と話し、スタジオで実践すると、「世界チャンピオンレベル・129キロ」と表示され、共演者を沸かせました。続きを読む


[showrss]

スマホで手軽にお小遣い

<秘密はこちらをクリック>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログランキング

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報